EVENT

社内イベント
  • TOP
  • EVENT
  • イディオ・サバン 焼豚部

2021/12/10 リモートワーク 社内イベント

イディオ・サバン 焼豚部

平素よりお世話になっております。
イディオ・サバンの てっちゃん と申します。

地方から上京して初めての一人暮らしをしています。
自炊しながらの一人暮らしは未だに慣れませんが、
仕事と両立できるよう頑張ってます。

今回はその自炊における成果物の制作過程からお見せしようと思います。

というわけで・・・

🐷🐷

私の大好物はラーメンで週に2~3回は余裕で食べていますが
いつも家で作るラーメンは具材の無い素ラーメンなので、見た目が寂しい。
ラーメンを買う度にレトルト具材を買うのもよいかもしれませんが
安価なレトルト具材は物足りないんですよねぇ…
自分が満足するレベルで買うにはコストかかります。

そんな悩みに耽る日々を続けていたある日、気付いてしまったのです。

だったら自分でチャーシューを作って常に冷蔵庫に入れておけば
好きなときに好きなだけチャーシューを食べれていいんじゃないか?

それどころか、仕事で疲れたときに冷蔵庫にチャーシューがあると思えば
元気が出る気がする!!!

っていうかチャーシュー作れる人間って仕事も上手くできる気がする!!!!(?)

・・・興奮気味な前置きはさておき、
チャーシュー制作の一部始終を以下に記しますね。

材料
豚肉:ブロック300g~500g (肩ロースやバラ肉おすすめ!紐の有無はお好みで)
生姜:1個を皮剥いて適当にスライス
長ネギ:青い部分を適当にカット。白い部分は要らない子なので他料理に
醤油タレ:醤油と料理酒を6対1の割合。600ccの醤油なら100ccの料理酒
輪唐辛子:お好みで

上記の材料を全部鍋に入れて60分間煮ます。醤油タレは豚肉が大体浸かる程度。
沸騰するまでは強火で、
沸騰し始めたら噴きこぼれないような弱火にしてください。

煮終えたら火を止めて20分間放置、その後まな板の上で10分間放置します。
放置している間に味が染み込むらしいです!
あっ、鍋の醤油タレは捨てないでくださいね。

放置し終えたら、チャーシューの完成です!

豚串にしたり、ラーメンに乗せたり、チャーシュー飯を作ったり…
快適なチャーシューライフの幕開けです!やったー!

残ったチャーシューはラップに包んで冷蔵庫保存してください。
だいたい1週間を目安に食べきればいいかと。
私はアイラップで包んでジップロックに入れて保管してます。

で、鍋に残った醤油タレですが、
タレが冷めたら密閉型の容器に入れて冷蔵庫に入れましょう。
次回のチャーシュー作りのときに使いまわします。
チャーシューの旨味が繰り返し染み込んだ強靭無敵最強の醤油タレになります。
また、お湯にシャンタンと醤油タレを入れて中華醤油スープにしたり、
冷奴に醤油タレをかけたりと応用がききます。

青ネギや生姜は全部捨てて、漉し器を通して醤油タレを容器に入れます。

次のチャーシュー作るときに6:1の割合で醤油と料理酒を継ぎ足して
秘伝の醤油タレになっていくのです!
(容器にこびりついた白いのは冷蔵庫で冷えた醤油タレの豚脂です)

とまあ、チャーシューを作るのは毎週末の趣味として、
平日はイディオ・サバンで楽しく働いております。
近々、社員の皆にも振る舞う予定ですよー!

なお、こんな内容のブログを作っていいですかと弊社の偉い人に聞いたら
「全然OK!」って言われたので、ゆる~い会社だなあって改めて思いましたw
柔軟な思考を持った素晴らしい会社だと改めて思いました!

以上、てっちゃんでした!

RECRUIT採用情報

弊社はまだまだ小さな会社ですが、3年以内の急成長を狙っています。
なので、受動的ではなく「能動的」な人材を求めています。
また、様々な業種/サービスを取り扱っているクライアント様と
お付き合いをさせていただいているので、
「明るく」「元気で」「誠実」な人材であることも大切であると考えています。

求人エントリーフォームはこちら